ジンジャーは体に良い

ジンジャーが体に良いのは知っている方も多いでしょう。健康食品として広く知られています。ジンジャーに含まれる辛味成分が、血の循環を良くし、冷えを改善して体を温める効果があります。代謝を良くし、発汗作用もあるのでデトックスでき、ダイエット効果も期待出来ます。また、消化を助け、乗り物酔い等を緩和する効果もあります。ジンジャーは、スープや紅茶に入れて手軽に摂取出来ます。健康食品を取り扱う店では、シロップや飴、ゼリー等、様々な商品も手に入ります。ジンジャークッキーやジンジャーエール等、スイーツとしても摂取出来ます。健康食品だからと言って、サプリや薬の様なものばかりではありません。健康食品だと身構えず、餃子や野菜炒め等、いつもの料理に加えると取り入れやすいでしょう。ジンジャーはスーパー等でも買え、簡単に手に入ります。身近にあるもので、様々な嬉しい効果をもたらしてくれます。まだ試した事がない方は、ぜひ試してみて下さい。



健康食品の成分豆知識:コラーゲンペプチドとは

主に美容面での効果が期待される人気の健康食品コラーゲンですが、その商品に含まれる成分の多くはコラーゲンペプチドといい、コラーゲンを酵素で分解し低分子化したものです。わざわざ分子を小さくしコラーゲンペプチドという形にするのは、食品として摂取した時に体内で吸収されやすくするためです。 健康食品として販売されているからには体内に少なく、作ることが難しい成分なのかと思いきや、コラーゲンは元々皮膚や関節など人間の身体の大部分に含まれており、細胞と細胞を繋ぎ止める働きをしています。ただ、加齢によって身体のなかのコラーゲンは減少し生成能力も衰えるため、健康食品などからコラーゲンペプチドを摂取し補うのです。 健康食品のほか化粧品の原料にも用いられるコラーゲンペプチドは、入手や加工がしやすいウシやブタ、サケといった魚類の皮を使うことが多く、粘膜などを保護する働きから関節の保護、肌の潤いや弾力を保つのに欠かせない成分となっています。