メチオニンは必須アミノ酸

健康食品に含まれる成分としても知られるようになったメチオニン(methionine)とは、人間の体内では決して作ることができない必須アミノ酸の一つで、食品から摂取することが欠かせない成分です。メチオニンの効能で最も有名なのは、肝臓の機能を強化させることです。そのため、飲酒時にはメチオニンを多く含む健康食品のカツオブシやシラス干し、チーズなどをつまみとして食べるようにすると、悪酔いするのを防ぎ、肝臓を守ることができます。カツオブシはダシを取るために使うことが多いですが、健康食品としても優秀で、メチオニンの量は食材の中でもトップクラスです。飲酒時には高タンパクのものを食べるのと肝臓の保護につながりますから、豆腐にカツオブシをたっぷりとかけて食べれば効果的です。豆腐も健康食品でありますが、豆腐の中でも高野豆腐には特に多くのメチオニンが含まれています。高タンパク低脂肪で、メチオニンを豊富に含む高野豆腐の煮物も酒のつまみとして最適です。



健康食品の成分豆知識:グリシンとは

健康食品であるグリシンとは最も簡単なアミノ酸の一つであり、アミノ酸の中で非対称炭素原子を持たない唯一のものです。動物性タンパク質に多く含まれており、生体内のエネルギー代謝、解毒作用をします。健康食品であるグリシンは一般的に、植物性タンパク質にはほとんど含有されていないが、動物性タンパク質には、多量に含有されています。また、オキシトシシンやバソプレシンなどのホルモン、グルタチオンなどのタンパク質の各構成分でもあります。動物体内では、セリンとの相互転換反応により合成されグリオキシ酸にグルタミン酸またはグルタンニンがアミノ基の供給源となってグリシンを生成します。 健康食品であるグリシンは、生体内代謝でも重要な役割をしますが、核酸の塩基成分であるプリン、エネルギー代謝に関与するクレアチンをはじめ、ヘモグロビン、クロロフィル、ビタミンB12のポルフィリンの合成などにも関与します。健康食品であるグリシンは、生体内で生じた有毒な安息香酸と結合してマニョ酸を作成し、解毒作用をします。