マンガンは健康な体を維持するのにかかわっている

マンガンは他のミネラルと協力して骨の形成を助け、骨や関節を丈夫にする結合組織の合成にも補酵素として健康な体を維持するのにかかわっている重要な成分です。玄米や生そば、ライ麦、麦芽精米、栗、落花生、ゴマ、干し柿、納豆などに多く含まれています。食事だけでは不足しがちなので健康食品で補うとよいでしょう。マンガンは炭水化物と脂質の代謝の補因子として酵素を活性化させる働きがあり、ホルモンの分泌を活発にしたり、糖質や脂質、尿酸の代謝を助ける働きもあります。骨粗しょう症や糖尿病の予防などをしたい人は健康食品を上手に活用して意識的に摂取すると良いでしょう。マンガンは土壌に含まれているので、動物性食品よりも植物性食品に多く含まれます、食物性食品の摂取が少ない人や、インスタント食品などを多く食べる人も健康食品でマンガンの補給がお勧めです。自分がとりやすく続けやすい形状の健康食品を選んで続けることで健康な体の維持につながります。



健康食品の成分豆知識:メチオニンとは

健康食品であるメチオニンは、硫黄が含まれている「含硫アミノ酸」の一種で、私たちの体からタンパク質を合成するために必要な必須アミノ酸です。健康食品であるメチオニンは、血液中に含まれている血中コレステロールの値を下げ、活性酸素を除去する効能を持っているので、「肝」の機能強化と血管の健康に良い栄養素でもあります。 健康食品であるメチオニンは、脂肪肝の予防にもいいですが、これが、メチオニンが直接作用するのではなく、ただ、脂肪肝を予防する「コリン」成分の合成を助けてくれるように作用します。健康食品であるメチオニンは、動脈内の脂肪の蓄積を減らしてくれる役割をして、体内でシステイン、タウリンなどの硫黄の含有生理活性物質の合成と脳の食べ物だと知られているコリンの合成にも関与します。 また、リウマチ、妊娠中毒症などの治療にも活用されるメチオニンは、体内のヒスタミン濃度の低下効果があり、統合失調症の治療効果とも関連があることが知られています。